最近多くみかけるネット広告|リスティング広告は代行業者に頼もう

顧客獲得に向けて見直す

男の人

ソフトウェアで一本化

従来は人の手で行われていた営業活動も、今はマーケティングオートメーションで複雑な仕事を一元化して自動で処理することが可能です。これらを実現化できるインタネット上のサービスを上手に導入することで、コスト削減と売上アップを狙うことができます。マーケティングオートメーションでオウンドメディアの構築や、的確なターゲット層に向けたメール配送、パンフレットの配布ができます。メールの開封率やサイトへの訪問回数などを分析し、行動履歴に基づき見込み客を仕分けし見込み顧客として登録します。結果、顧客を増やしながらパフォーマンスの分析を行うことが可能となりました。数々の事例がそれを証明しています。ある半導体メーカーは対面の展示会や製品講習会で説明を繰り返してきましたが、マーケティングオートメーションによる分析の結果、購入判断をネット上で行う人が半数以上とわかりました。一営業ではまかないきれない事態とわかり、関係者全体で取り組む姿勢に変更しました。他の事例としましては、最新のトレンドを扱うファッション業界では、ライバルの台頭であっと言う間に売上が落ち込みます。マーケティングオートメーションを取り入れ、カート放棄の顧客への通知や後日のメルマガによる宣伝等、個人へのサービスを積極的に行った結果、売上が戻りました。また、書類整理の仕事が煩雑な不動産業の事例では、ネット上のシステム構築によるルーチン作業の効率化により、データ分析や戦略策定に力を入れる時間を作ることができました。以上の事例結果からわかりますように、マーケティングオートメーションでリピーターを増やし、最終的には顧客別のカスタマイズされたサービスを提供することが売上アップに繋がります。マーケティングオートメーションの中には、高度な技術者がいないと使いこなせないシステムもあります。よく見極め、自分たちが出来る範囲で導入を進めていってください。