最近多くみかけるネット広告|リスティング広告は代行業者に頼もう

写真に撮るだけでデータへ

スーツ姿の人達

クライアントを一括管理

社内で同じデータを共有する事は多いですが、今やクライアントのデータや情報も社内で簡単に共有が出来る様になりました。各担当者がそれぞれのクライアントとやり取りをする機会も多い中、そのクライアントの連絡先や情報までも各担当者がそれぞれ管理している事も多く、その担当者が退職した際に重要なクライアント情報が共有されないまま新たに関係性を築くという事も珍しくありません。社内のスタッフが急に病気をしたり、会社を不在にしていてもチームで常に同じ情報を共有出来るシステムとして、名刺管理のデータ化がお勧めです。名刺管理のデータ化システムを活用する事で、社内スタッフ全員でクライアントの名刺を管理出来るため、いつでもどこでも同じ情報を閲覧する事が可能となります。まずクライアントの名刺をスマートフォンで撮影をし、名刺をデータ化します。ここまでは写真のデータ化による保存だけにとどまりますが、名刺管理システムのすごい所は、その写真データを自動的に文字として入力してくれます。つまり、名刺に書かれた情報が自動的に名前や会社名としてデータ保存される仕組みとなっています。必要に応じて、カテゴリー訳をしたり、企業毎に振り分ける必要がありますが、一つ一つパソコン入力をする必要がありませんので、効率的に名刺をデータ化する事が出来ます。これで、いつ誰がいなくなってもクライアントの名刺データはシステム上に保管されますので、会社の財産として残す事が可能です。